サバイバル時に尿から飲み水を作る方法

用意するもの
・地面の大きな穴
・バケツなどの水受け
・防水シート
・石
・日光
・尿
尿をかけなくても土に含んだ水分を取り出すことは可能です。
土にダイオキシンが含まれている場合は(都市部に多く見られる)飲料は不可能。
ステップ1
まず地面に大きな穴を掘ります。そのときに出来るだけ湿った土が露出するまで掘ってください。そして清潔な水を受けることのできるものを掘った穴の真ん中に置きます。そして尿は全て、水を受けるもの中ではなく、その周りに放出してください。

ステップ2
夕暮れになったら大きなビニールシートか防水のシートを掘った穴の上にかぶせます。飛んでいかないようにコーナーは大きな石で止めておきます。シートが穴の両サイドに決して触れないようにし、水受けから約10〜20cm離れるようにしておきます。

ステップ3
水受けからちょうど真上の部分が少し下がっているようにします。石や缶などを置くとそこが結露と蒸留の焦点となります。昼間の日照時間に太陽光線によって尿を土から蒸留させ始めます。蒸発してきた水分がシートの上に集まってきます。

ステップ4
尿内の無機質成分や他の汚染物質は重すぎるためにほとんど蒸発せず、その結果閉じ込められた水分だけがシートに結露し水受けにたまっていくという仕組みです。
▲ページTOP

~戻る 携帯アクセス解析