非常持ち出し品(避難するときにまず持ち出す物)

・飲料水
・食品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)
・救急用品(絆創膏 傷薬 包帯 胃腸薬 鎮痛薬 解熱剤 目薬 消毒薬 はさみなど、持病のある人は常備薬も)
・缶きり・ナイフ
・貴重品(現金、預金通帳、印鑑、健康保険証の写しなど)
・軍手
・懐中電灯(予備電池をわすれずに)
・携帯ラジオ(予備の電池は多めに)
・衣類(セーター、ジャンバー、雨具など)
・生理用品
・ライター、ろうそく

重さの目安は男性で15キログラム、女性なら10キログラム程度がよいとされています。欲張りすぎると、避難に支障をきたします。

非常備蓄品(避難した後復旧までの生活を支える物)

災害復旧には最低3日かかるといわれています。

・飲料水 9リットル(3リットル×3日分)
・非常食品(乾パン、缶詰、レトルト食品、栄養補助食品、アルファ米、ドライフーズ、インスタント食品、梅干し、菓子類(チョコレート・飴など)、調味料など
・燃料(卓上コンロ、携帯コンロ、固形燃料など)
・生活用水(お風呂や洗濯機にいつもはっておきましょう。幼児の事故に注意!)
・毛布 寝袋
・洗面用具(ボディーシャンプーやドライシャンプーなど)
・トイレットペーパー
・ポリタンク、鍋、やかん、バケツ
・使い捨てカイロ ろうそく
・工具(バール・スコップなど)
・新聞紙(燃料・防寒用)
・ビニールシート(敷物・雨よけ)
・新聞紙(燃料・防寒用)
・布製ガムテープ(荷物の整理・止血・ガラスの補修)

非常持ち出し品、非常備蓄品ともに年に1度は確認し、新しいものと交換しましょう。災害がおきた場合、一旦最寄りの安全な場所に避難してください(この場所は各家庭で話し合いましょう)。
▲TOP
~戻る
東北地方太平洋沖地震情報
携帯アクセス解析